×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


妊娠初期の症状や兆候が分かる、口コミ女性医学サイト!
妊娠初期 症状

妊娠した際の基礎体温




 生理の周期の中では、排卵が始まると黄体ホルモンは盛んに分泌されるようになり、「基礎体温」は上昇して“高温期”とよばれる期間に入ります。

 通常はこの後に黄体ホルモンの分泌が減少し、その影響で体温が下降して“低温期”が訪れることになるのですが、妊娠するとこのサイクルに変化が出てきます。

 “高温期”の黄体ホルモンの分泌は、通常はおよそ2週間ほど続くのですが、妊娠するとこの分泌がとまらなくなり、「基礎体温」は高い水準を保ったまま下がらなくなります。

 多少の生理周期の乱れという原因も考えられますが、この高温期がおよそ3週間ほど続く場合には、女性は妊娠した可能性が一段と高くなってきますので、至急病院で検査を受けましょう。



口コミ評判女性医学サイト


ルナルナ
女性の医学

ルナルナ 女性の医学
┗妊娠・生理・出産・不妊・病気‥女性の悩み解決♪



妊娠初期の症状・兆候TOP
次ページ
前ページ

Copyright(C) 2011
妊娠初期の症状・兆候・状況♪おりもの、出血、痛み等の悩み

妊娠初期症状と生理前の違いや出血・おりもの等の悩み解決!
[PR] モデルダイエット 成功/